中内工務店:新着情報
中内工務店:新着情報2018年3月13日

【家づくりの失敗】間取りでよくある失敗と対処法  ~Vol.2~

みなさんこんにちは!

奈良市石木町で住宅の新築やリフォーム、
増改築をさせて頂いております、

㈱中内工務店です。

 

 

よく考えたはずなのに、暮らしてみると不便さや

改善点が色々出てくるのが間取りの難しさです。

家づくりをする時、間取りの失敗例を知っていると助かりますよね。

そこで、間取りについてよくある失敗をあげてみましょう学校だよ。勉強 の絵文字

 

『毎日のお洗濯が億劫』

新しいお家で快適にお洗濯、のはずが・・・

〇洗濯機と物干し場が遠く、しかも洗濯物を干すためにリビングのTVの前を横断しなければならない。
物干しが寝室からしか出られないので夫が寝ていたらバルコニーに出るのに気をつかう。
〇1階洗濯機から2階の物干し場まで、水を含んで重くなった洗濯物を持って上がるのが思っていたよりも大変。

など、洗濯動線を失敗すると日々の負担が大きくなってしまい、毎日の洗濯が億劫になってしまいますよねあせ、汗 の画像

 

当たり前ですが洗濯物は洗濯機に入れて終わりではありません家事だよ。洗濯 の画像

実際には、
1.脱いだ服を洗濯機に入れる(その前に下処理が必要なものは処理をする)
2.洗濯機を回す
3.洗濯機から洗濯物を取り出す
4.干す
5.取り込む
6.たたむ
7.収納(またはアイロンをかけて収納)

このように、家事の中でも洗濯は場所の移動が多く、それも一日一回とは限りません。

 

戸建住宅の場合、1階の洗濯機から日当たりの良い2階や3階へと移動し、取り込んだ後にたたむスペースがなくてまた移動、そして収納場所へ移動というように洗濯の家事動線が長くなりがちです。

移動しては別の作業をしてまた移動、という動きは思った以上に作業効率も悪く、身体的な負担も大きくなります。

では、どうすればいいのか?
それは「とにかく移動距離を短くすることびっくり の画像これに尽きます。

 

例えば、脱衣→洗濯機→物干し→たたむ→収納といった作業の流れに沿った動線にすることで無駄なく効率的に動く事が出来ますし、また家族の衣類が一か所に集中したウォークインクローゼットがあるとさらに便利です。

 

スペースに余裕があればランドリースペースを設け、脱衣からたたむ作業まで一箇所で完結できるととても楽でしょう。

しかし、どのような間取りがよいかは一概には言えません。
なぜなら、朝から夜まで家族がどんな動線を描きながら移動するかは、それぞれの家庭で全く違ってきます。
洗濯の時間帯、洗濯の干し方、しまい方、炊事と同時進行するのかなど、自分のライフスタイルを振り返り間取りに反映させることが大切です。
また、来客が多いご家庭なら、来客の際にも気にせずに洗濯物が干せるかなども考える必要があります。

間取りを考えることは、建売住宅にはない注文住宅ならではの楽しみです。
家事動線をきちんと考えた住まいにすると、生活がとっても快適に楽しくなりますよ音符 の画像

 

家だよ。家 の絵文字次回に続く…

 

 

奈良市石木町で住宅の新築やリフォーム、
増改築をさせて頂いております、

㈱中内工務店でした。

 

***********************************************

家族が安全・健康・快適に暮らせる良い家を。

http://www.nakauchi-koumuten.com/

▲無料ガイドブックをプレゼント♪
すまい工房 ㈱中内工務店

***********************************************

中内工務店:お問い合わせ