家づくりの想い:“幸せの器づくり”のお手伝いをさせていただき、家づくりで失敗する人をなくす。これが私達の使命です。
中内工務店:家づくりの想い
仕事における究極の目的それはお客様の幸せ中内工務店<br /><br /> 代表  中内 祥文はじめまして、私は地元奈良市で子育て家族が安心して暮らせる家づくりをしている、中内工務店の中内祥文と申します。
私たちの仕事における究極の目的、それは”お客さまの幸せ”です。
日々の暮らしの中で家族が笑って過ごせ、子供達の成長を見守りながら趣味や好きなことを生かせる、そんな心地よい家=器…家族の幸せの器を造るお手伝いをしています。突然ですが質問です。

何のために家を建てるのですか?
誰のために建てたいのですか?
いつ建てたいのですか?
マイホームが本当に必要な時はいつだと思いますか?

家族の幸せの器、子育て世代のマイホームとは家族が揃って笑顔で暮らせるのはそんなに長い年月ではありません。
仮に子供さんが高校生の時に家を建てたとすると・・・

あと何年一緒に暮らせるでしょうか?

だから言いたい!

子育て世代の時に家が必要なのです。
家族の思い出をたくさん作るためにも。


家族の幸せの器、子育て世代のマイホームとは
中内工務店:家づくりの想い家族の幸せの器とは・・・
子育て世代にとっての家族の幸せとは・・・
マイホームを持つ意味とは・・・
どんな家をご提供できれば笑顔がつくれるのか・・・

そんな事を考え続け、極めた家づくりとは
「価格の高い家=幸せに暮らせる家」ではない
という結論でした。

だから私たちは、信念を持って子育て世代のために、安くていい家(手の届く身の丈に合った家)を造っています。ただ、私たちの考える安くていい家の定義は買うときに安い家(ローコスト住宅)ではありません。

私たちが考える安くていい家はその住宅にかかる総支払い額が安くなる家をいいます。
家は建築するときにだけお金が掛かるのではありません。電気、水道、ガスといった光熱費、維持管理していくためのメンテナンス費用、後に考えられるリフォーム費用等、住宅購入費用以外にもたくさんのお金が掛かります。

私たちが考える安くていい家


詳しくはコチラ 株式会社LIXIL SW工法


小さい会社だからこそ出来る事
私たち中内工務店は決して大きな会社とは言えません。
しかし小さな会社だからこそ出来る事があります。
まず私たちは少人数なのでたくさんの経費をかけていません。大手ハウスメーカーさんのような豪華なモデルハウスはありませんし、有名人が出てくるようなテレビCMもしていません。
きれいなチラシやパンフレットもありません。
たぶん経費は大手さんの1/1000以下ではないでしょうか。

大手ハウスメーカーさんは仕入れの量が多いから、安くつくれるという話がありますが、仕入れの値段くらいでは追いつかないほどの、広告費や人件費をつかっています。さらに営業マンをたくさん抱え、たくさんの車を走らせ営業をしています。
それらの経費は、どこから出ているのでしょうか?
この莫大な経費は、すべて最終的にお客さまが払っているのです。

ですから、私たちは、このような無駄な経費をかけないことで、いい家を安く造っているのです。

保証は大手ハウスメーカーだけのものではありません。
私たちのつくる家すべてに、第3者機関であるJIO(日本住宅保証検査機構)の検査・保証が、標準化されております。

詳しくはコチラ JIO瑕疵担保保証

これは、私たちとは全く関係のない機関が、お客さまのために検査をし、保証をしてくれるものです。つまり、お客さまに引き渡された家そのものに、第3者機関が保証をしてくれるのです。(もちろん不備があればすべてやり直しをし、再検査をいたします。)
また、家が完成し無事に引渡しが完了するまでの完成保証が付くJIO安心ローン完成サポートも用意させていただいています。

詳しくはコチラ JIO安心ローン

小さい会社だからといって、『手抜き工事とか、耐久性に不安はありません』
私たちは、自分たちの建てている家に、誇りを持っています。


私は、いつもお客さまには「お孫さんの代までお付き合いさせて頂きたい、頂くために腹をくくって仕事をします!」とお約束しています。

家づくりには打ち合わせや工事期間中と長い時間が掛かりますが、私たちとお客様の本当のお付き合いが始まるのは家が完成し引渡しが済んだ後からです。
大切なお客様と長くお付き合いをさせてもらうためにはお客様に失敗したなと後悔してもらうような事になっては絶対にダメなのです。

代表の私が営業・現場管理をさせていただく・・・これは私達の家づくりの基本です。
中内工務店 中内 祥文代表の私が、営業・現場管理をさせていただく… これは私たちの家作りの基本です。それは、お客さまにとって、どういった意味があるのでしょうか?
どんな家をつくっても、お客さまにとって、家というのは大変高額なものであることに変わりはありません。

家をつくることで不幸にはなってほしくないのです。家造りをすることで、家族の皆さまが幸せになってほしいのです。ですから、営業をする人間には、とても大きな責任がなければいけないのです。

代表の私は、会社を辞めることも転勤することもできません。
いい加減な営業マンの口約束ではなく、きちんと責任のとれる代表である私が営業をさせていただく、またお客さまの想いをとことん聞かせていただいた私が現場管理をさせていただく。
これがお客さまに対して最大限の誠意だと考えております。

家づくりで失敗しないために・・・
私は、家づくりで失敗する人をなくしたい!という思いから
これから家を建てたい、リフォームをしたいとお考えのみなさまに、家の事をアドバイスさせてもらう前に、まずはお客さま家族のライフプランニングをしっかりと見直す事をお勧めしています。

「子供さんが高校を卒業されるとき、あなたは何歳になられていますか?」

という質問をして、瞬時に何歳です!と答えられる方と今までお会いした事がありません。しかし、その家族でお金が必要となるタイミングはすでに決まっていると言っても過言ではないのです。

私たちは住宅を建築する時、工程表を作成します。家を建てたい、リフォームをしたいとお考えの方で人生の工程表を思い描き、お金が必要となるタイミングを理解しながら家づくりを計画されている方はあまりにも少ないと感じています。

それは、私たち業者側にも責任があり、家の性能が優れている事や、その家に住む事でのメリットばかりを一生懸命説明し、結果的にお客様の冷静さを失わせ、家という一生に一度しかない高価の買い物を衝動買いさせてしまっているのです。
まずは何より無理のない予算を決めてください。
いくら住宅ローンが組めるのかではなく、無理のない返済額がいくらなのかをはっきりとさせることが大切です。

父との別れで教えてもらったこと
中内工務店<br /><br /> 代表  中内 祥文2011年の12月29日、年末の大掃除を終え最後の挨拶まわりをしていたところに入院していた父の状態がよくないとの連絡が入りました。
急いで病院にかけつけましたが父の最後を見届けることはできませんでした。

石職人をしていた父の、仕事に対して真面目に取り組む姿勢は私のお手本となっています。その父が闘病中に一番望んでいたこと。

それは、家に帰ることでした。

父は家に帰り家族と過ごすことが最後の夢だったんだと思います。
私の家はお世辞にも立派な家とは言えないごく普通の一戸建てです。
立地も悪いし、車がなければ生活もしにくい。でもそんな家でも私たち中内家の小さな幸せがいっぱい詰まった幸せの器なのです。

“幸せの器づくり”のお手伝いをさせていただき、家づくりで失敗する人をなくす。

これが私達の使命です。

そんな私たちの考えに共感してくださる方と一緒に家づくりがしたい。
そして小さかった子供さんが大きくなった時に

「中内と出逢えてよかった」
「中内工務店で建ててもらってよかった」

と喜んでいただくために。

あなた様の依頼される住宅会社が、仮に私たちのところでなかったとしても、あなた様の大切な家づくりが成功されることを心よりお祈り申し上げております。

中内工務店<br /><br /> 代表  中内 祥文
中内工務店
中内工務店中内工務店
中内工務店:安心サポート

家づくりの想い